STARMICASTARMICA

Recruit Talk新卒座談会

入社一年目の社員が語る想い

様々な部署に配属された2020年4月入社の4人が、どんな想いを持って就職活動をし、
なぜスター・マイカを選んだのか、そしてこれからのビジョンについて語ります。

  • 写真アイコン

    スター・マイカ
    投資事業部

    不動産仕入業務を担当

  • 写真アイコン

    スター・マイカ・レジデンス
    アドバイザリー事業部

    不動産売買仲介業務を担当

  • 写真アイコン

    スター・マイカ・
    ホールディングス
    財務部

    不動産取引に関する出納業務を担当

  • 写真アイコン

    スター・マイカ・
    ホールディングス
    社長室

    新卒採用業務を担当

Works 私たちの現在の業務

写真アイコン

投資事業部

私は投資事業部に所属しており、将来的にリノベーションを行い販売する物件の仕入を行っています。買取相談を受けた物件をいくらで買えるか査定し、お客様や仲介会社と交渉して双方が納得できる金額を提示します。日常の主な業務は上記の買取査定ですが、その他情報を提供してくださる仲介業者への挨拶回りやネット上からの物件情報収集なども重要な業務です。

写真アイコン

アドバイザリー
事業部

私はスター・マイカグループの中で最も直接お客様とかかわることの多い仲介会社であるスター・マイカ・レジデンスに所属しています。WEBサイトをご覧になったお客様に対して、実際に物件をご案内し、購入までのサポートを行っています。自宅の購入は人生でたった一回の買い物と言われていますので、お客様に最善のご提案をできるよう、日々勉強しています。

写真アイコン

財務部

私は財務部の不動産取引チームに所属しており、不動産契約・決済準備に携わっています。現金や謄本、登記識別情報といった重要物を扱うことが多いので、日々緊張感と責任感を持ちながら業務をしています。

写真アイコン

社長室

私は社長室に所属していて、新卒採用を担当しています。「一年目で採用担当!?」と、よく周りから驚かれるのですが、もっと驚かれる点は、新卒採用業務をほぼ一人で行っている点ですね。もちろん上司や先輩からのフォローも厚いですが、基本的に学生の皆さんとのやり取り、会社説明会、インターンシップの企画・運営などすべて一人で行っています。最近まで学生であり、就活生に一番距離が近い私ならではの目線で、就活生に寄り添った採用活動を行っています。

写真

Reason スター・マイカへ入社を決めた理由

写真アイコン

投資事業部

私が就活生の時に最も重視していたことは「理不尽・非効率的なことが無い職場」です。業界は特に絞っていませんでしたが、ここだけは絶対条件でした。

私は大学時代ラクロス部に所属していたのですが、私のチームは徹底して効率的な集団でした。上手ければ学年関係なく試合に出ることができ、後輩からの意見や指摘も活発に行われ、「チーム全体が勝利に向けて最短距離で突き進む」そんな環境が自分にとっては理想でした。

このような軸をもって就活をしていたため、志望する企業は自ずとベンチャーマインドを持った企業へと絞られていきました。そんな中でもスター・マイカに入社を決めた理由は、不動産業界の中でも効率性を追及するビジネスモデルに惹かれたからです。

また、今後市場規模が拡大していくであろう中古マンション事業においてリーディングカンパニーである点も魅力的に映りました。

写真アイコン

アドバイザリー
事業部

私も溝口君と同じで、スター・マイカのユニークなビジネスモデルと中古マンション市場の将来性に惹かれたというのが一番です。また、会社が大きくなってもベンチャーマインドを忘れずに、新しいことにチャレンジし続け、常に進化し続けようとする経営陣の思いに共感したのも決め手となりましたね。

写真アイコン

財務部

入社の一番の決め手はスター・マイカのカルチャーだったと思います。

私はちょっと欲張りなので、20代のうちから「インプット」も「アウトプット」もたくさん経験したいと思っていたんです。たくさん学んで、たくさん実践して、自分が社会人として大きく成長できるような環境で働きたいという思いを軸に就職活動を進めていました。

就活中、スター・マイカの社員と話して感じた印象は「学びに貪欲」でした。不動産という分野に限らず、視野を広く持ち、様々な分野の勉強をし続けることでスキルアップを図っている社員が多いことにとても驚きました。学びを大切にするスター・マイカのカルチャーの中で、自分自身も学び続け、大きく成長したいと思い、入社を決意しました。

写真アイコン

社長室

私も小板橋さんの思いととても似ています。

私は社会人として良いスタートを切るために、新卒で入社する会社は、スピード感を持って成長できるような会社が良いなと考えていました。そのためには、ただ上から言われたことをひたすらこなしていくような環境ではなく、若い頃から自分で考えて意思決定できる環境が必要であると感じ、そこを企業選びの軸としていました。

私が就活生だった時も、当時一年目の社員が新卒採用業務を一人で担っており、若手の裁量権の大きさを感じました。また、就職活動中に出会った若手社員の業界知識の豊富さや話し方のレベルの高さがスター・マイカの成長環境を証明しているとも感じました。若いころから意思決定ができるスター・マイカの環境でスピード感を持って成長したいと思い、入社を決めました。

写真

Vision それぞれが描くキャリアビジョン

写真アイコン

投資事業部

今後は物件販売の部署にも挑戦してみたいと考えています。購入から販売まで一気通貫で経験することで、「モノに投資してバリューアップして売る」というビジネスの根幹の部分を学ぶことができると考えています。

様々な部署で濃密な経験を積むことで、将来的にはミクロとマクロの視点でビジネスを視ることができる人材になりたいと思っています。

写真アイコン

アドバイザリー
事業部

現在は一つ一つの不動産売買契約を成立させるという立場ですが、今後は様々な部署を経験し、会社全体の営業活動を後押しできるような事業の立ち上げに携わるのが目標です。

ただ、今は自分のことで目いっぱいなので、まずは部署間のリレーションや全社の動きに目を配れるようになることから始めたいですね。

写真アイコン

財務部

今後は不動産取引やリノベーションの企画を行う立場になってみたいと思います。財務で学んだ現金の扱い方や不動産取引全体を俯瞰する視点を生かしながら、実際に不動産取引を行うことで新たな学びに繋がり、新規事業の提案もできるのではないかと考えています。将来的には、多くの部署を経験して、部署を横断するような仕事ができるように成長したいです。

写真アイコン

社長室

新卒採用担当は不動産取引と直接関わることがほぼないため、一年目から不動産営業の部署で働いている同期と不動産知識や営業スキルに関してはだいぶ差をつけられてしまっていると感じます。

そのため、まず中期的なビジョンとしては不動産や営業についての知識、スキルを身に付けるための勉強をしていきたいと考えています。そして長期的なビジョンとしては、様々な部署で経験を積んで、様々な角度から不動産を勉強し続け、人事、企画、営業全ての分野に精通するオールラウンダーを目指したいと考えています。

写真

Feeling 就活生に伝えたい想い

写真アイコン

投資事業部

当たり前ですが就活に答えはありません。いくら企業研究を重ねても入社後のギャップを感じてしまうことは往々にしてあります。

大切なのは「自分の中の最適解」を出すこと。この点は、妥協してはいけません。自分の選択に納得感を持って働けるかどうかは新卒入社後のモチベーションに直結します。皆さんが後悔のない就活ができることを願います。

写真アイコン

アドバイザリー
事業部

気になる企業には一度訪問することをおすすめします。新卒の自分の成長を想像できるような会社か、その会社に入ることが今後の自分の糧になるかどうかで判断するのもひとつだと思います。

写真アイコン

財務部

「新卒」は何にでも化けられると思います。職種も業種も夢も自由に自分で決められますよね。スキルもキャリアも関係なく仕事が選べるのは「新卒」の特権です。つまり、何にでもなれるということは、だらしない社会人にだって、怠ける社会人にだってなれるわけです。でも生活の多くの時間を費やすのに、何も得られないなんて損だと思いませんか。

そこで大切にしてほしいのが「化ける過程」だと強く感じます。若手がたくさん学び、たくさん行動できる環境、それから目標にしたいと思えるかっこいい先輩がたくさんいるということは自分が成長するためには大切な要因だと思います。何に化けたいかも重要ですが、どうやって化けるかということも意識したら、働きたい会社が変わるかもしれません。

写真アイコン

社長室

「正しい道を選ぶのではなく、選んだ道を正しくする」これは私が人生においてとても大切にしている価値観です。何か決断や選択に迷ったときはいつもこの言葉を思い出します。皆さんはこれからたくさんの企業との出会いの中で、最終的に一社を選ぶことになりますが、恐らくとても悩むと思いますし、決断後も「これで良かったのか」と不安になることかと思います。私自身もそうでした。

ただそんなときに、背中を押してくれたのがこの言葉です。就職活動の期間は、社会人一年目のキャリアという人生において大きな選択をするには短すぎますが、「正しい道を選ぼうと考えるのではなく、自分が選んだ道を自分で正しくできるように行動する」そう考えると、きっと気持ちよく前に進むことができると思います。

写真