人一倍の行動力で自らの強みを築き、若手社員をリードする存在へ

人一倍の行動力で自らの強みを

築き、若手社員をリードする存在へ

大学卒業前の2年間、スターマイカで築いた「社会人としての基礎」

私のスター・マイカとの出会いは普通の人とは少し違い、大学卒業の2年前にさかのぼります。大学2年生も終わりに差し掛かり、就職活動を意識し始めた私が兄に相談を持ちかけたところ、兄が書籍を通して知った当社代表の水永のことを教えてくれたんです。

私も興味を持って調べてみると、スター・マイカが学生インターンを募集していることがわかり、早速飛び込みました。それ以来、役員の隣に席をもらい、卒業まで丸2年の間、インターンながら営業のサポートなどを担うことになります。振り返ってみると、私の「社会人としての基礎」は、この間に築かれたのだと感じています。

就職活動をしてみてわかったスター・マイカの成長環境

スター・マイカでのインターンに取り組みながらも、他の会社もいろいろ知るべきと考え、普通の大学生に混ざって就職活動もしてみました。しかし、いわゆる知名度の高い大企業を見れば見るほど、「会社に入っても自分は大きな組織のほんの一部にしかなれないのではないか」という疑問が強まっていったんです。

一方でスター・マイカは、経営陣の近くで、自分の仕事が会社にどのような影響を与えているのか実感しながら、早いスピードで多種多様な経験を積める環境であることに気づかされました。これこそが自分の求めている環境だと気づき、最終的にスター・マイカに入社することを決めました。

経営管理、営業、投資。若手のうちからビジネス全体を俯瞰できる

新卒でスター・マイカに入社後は、経営管理部門で1年半の経理・財務業務を経て、販売事業部で保有物件のリノベーション・販売業務を経験、現在は横浜支店で投資業務(不動産の買い付け)を担当しています。

私自身は、経営管理部門から営業部門まで、一つのビジネスをさまざまな角度から理解できる経験を短期間で数多く積んできました。スター・マイカでは、ジョブ・ローテーションを通じて、特定の専門性に埋没するのではなく、ビジネス全体を俯瞰しながら専門性を発揮できる若手が育っています。

新卒で入社してくる後輩に背中を見せ、牽引していく存在でありたい

新卒で入社する社員は、ビジネス全体を俯瞰する経験を得やすい環境にあります。一方、中途採用の社員は、前職で特定の専門性や高い実績を積んでから入社する場合がほとんどです。新卒入社の自分が実力の差を埋めていち早く結果を出すには、誰よりも多くを学ぼうとする姿勢を持ち続け、常に自分の意思を行動で表現することが必要だと思っています。

さらに、今では新卒で入社した社員の中で私が最も年長になっているので、「後輩たちの良きお手本でありたい」という意識が常にありますね。将来、社内でも頭一つ抜けた存在になるという目標は新卒で入社するメンバーに共通した想いですが、私はその牽引役として、キャリアにおいても実務においても「背中を見せる存在」であり続けたいです。

「ここは任せてほしい」と胸を張って言えるのがプロフェッショナルの条件

頭一つ抜けた存在になるために、常にプロフェッショナルでありたいと意識しています。もちろんプロフェッショナルの定義はさまざまでしょう。その中で私自身は、何をたずねられても誰よりも詳しく、的確に判断できる領域を持っていることがプロフェッショナルの条件だと思っています。一つひとつの仕事に真摯に向き合い、学び続けて、「自分の持ち場」と呼べる領域を作ること。若手であっても「ここは任せてほしい」と胸を張って言えるような、クオリティの高い仕事をできる領域があれば、先輩やマネジャーにも強みを認められ、さらなる飛躍のチャンスが得られるはずです。

水永自身も、誰よりも多くを学び、いち早く新しい技術や考え方を取り入れようとしています。さらに周りが驚くぐらい意思決定のスピードが速い。例えばVRで物件内覧を疑似体験するサービスを導入しようとするなど、時代の潮流を深く理解した上で、的確な判断をスピード感を持って進み続ける水永の姿勢から、プロフェッショナルとしてのあり方を日々学んでいます。

早くから任せられる環境が、事業を創るプロフェッショナルを育てる

良くも悪くもスター・マイカは、新卒入社後、早い段階から責任を伴って仕事に取り組むことになる環境です。私も、営業部門に配属後すぐに独り立ちし、会社の看板を背負って外部とコミュニケーションをする機会が多くなり、その経験が自分を成長させてくれました。

一人ひとりが自ら考えて、果敢に行動することが称賛される風土があるため、自分自身の課題や不安にしっかりと向き合い、自分で解決していく気概を持てる人にとっては、またとない成長環境だと思います。

新卒入社

髙堂 和芽 Waka Takado

エントリー