経営のプロを目指して、戦略コンサルティングファームから参画

経営のプロを目指して、戦略コンサ

ルティングファームから参画

経営を支援するコンサルティングから、経営のプロフェッショナルを目指して参画

スター・マイカに参画する以前は、外資系コンサルティングファームにて、戦略コンサルティングに携わり、ありがたいことにマネジャーまで昇進しました。ただ、コンサルティング業界はマネジャーより上のポジションを目指そうとすると、経営トップ向けの営業活動が主な仕事になっていきます。一方で私自身は、コンサルティングというサービスの営業よりも、もっと経営や事業の意思決定自体に深く携わりたいという思いが強くなっていました。

そんな中で出会ったのが、スター・マイカです。コンサルティングの経験を生かした経営企画力で会社に貢献し、成長しながら「経営のプロフェッショナル」を目指していける、そんな環境に魅力を感じて異業種から飛び込みました。

若いうちから意思決定の機会に恵まれ「事業を創るプロフェッショナル」を目指せる

実は私は、新卒で入社した会社を1年経たずに辞める、という経験をしています。自分の仕事がビジネス全体の中でどのような役割を果たしているかわからないまま、ただ作業のように仕事を与えられる環境に危機感を覚え、早々に退職するに至りました。

スター・マイカのように、新卒のメンバーが「契約、利益、決裁」といったビジネスの上位概念を踏まえた上で、権限と責任を若いうちから持てる環境は世の中にあまりないのではないでしょうか。コンサルティング業界から飛び込んで非常に驚いたのは、営業からバックオフィスまで社員一人ひとりが担当する業務のスペシャリストとして高いレベルにあり、かつ非常にロジカルに意思決定を行っている点でした。事業会社に転職したコンサル出身者が、頭でっかちで馴染めないという話は良く聞きますが、当社はむしろその逆で、これまでのコンサルティング業界の感覚に似ていると感じています。

経営に携わっているかに見えるコンサルティングの仕事も、中期経営計画を「作ること」や決算資料を「読むこと」はできるのですが、それを日々の活動の中でどう実現していくかという実行力の部分はなかなか鍛えられません。若いうちから意思決定の機会に恵まれ、さらにそれをベンチャーらしいスピード感で実行していく経験を通じて、「事業を創るプロフェッショナル」を目指せるのがスター・マイカの良さだと思います。

個々人が責任と裁量を持って意思決定しつつ、組織として成果を上げていく

スター・マイカは何億円というお金を動かすビジネスモデルなので、リスクを管理するためのルールはしっかりしています。その上で、「自分ならこう思う」という意見をしっかり持つ人が集まっているため、個人の意思決定の力が日々試されているといえるでしょう。

個々人が責任と裁量を持って意思決定しつつ、組織として成果を上げていくというバランスの良いチームプレーができる環境で、社会人としての基本が身につくのは本当に恵まれているなと思いますね。新卒だから先輩のサポート役ということははなく、まさにビジネスの中心に配属され、ローテーションを通じて幅広く事業創造を学べるというのも、とても羨ましいです。

優れたビジネスモデルを超えるビジネスを構築するには、若い人の力が必要

私たちは、ビジネススクールでも研究対象となるほど、高度に完成されたビジネスモデルを強みとして持っています。これからもこのビジネスモデルを磨きながら、企画力・事業開発力で勝負し続けたいと考えていますが、だからこそ事業を創りたいと思っている人にはぜひ来てほしい。代表の水永が築いたスター・マイカの優れたビジネスモデルを超えられるビジネスを実現していくには、若い人の力が必要不可欠です。

水永自身も、時代の潮流を捉えて意思決定するスピードが非常に速く、意思決定のための議論には徹底的に応じてくれます。マネタイズの仕方、競合に対する勝ち方など、日々、本質的な指摘をもらえるので、新規事業の相談を水永に持ちかけることにも大きなやりがいを感じます。水永と一緒に働くことで、経営力が鍛えられる環境であることは間違いないですね。

中途入社

堀 大輔 Daisuke Hori

エントリー