売却をお考えの方

賃貸中のマンションの査定

賃貸中のマンションの査定4つのメリット

賃貸中マンションの査定ならスター・マイカ・アセット・パートナーズ
4つのメリット

メリット1
年間500戸を超える投資実績
単なる査定のみならず、自社グループによる投資も行っています。
直接取り組んでいるからこその、精度と自信を持った回答が可能です。

メリット2
1,000名を超える購入者ストック
当社の開催するセミナーに来場されたり、物件広告にお問合せ頂いたお客様が多数いらっしゃいます。
購入検討者の視点にたった回答が可能です。
メリット3
3,000戸を超える賃貸管理戸数
豊富なテナント管理実績により、さまざまな物件タイプの特徴を把握しています。 賃貸借の契約形態、テナント属性より調整を加えた回答が可能です。

メリット4
年間300戸を超えるリーシング実績
収益還元法による価格の検証は、賃料がマーケットレンジにあるかどうかの検証も必要です。
リーシングで培った相場感と賃貸ニーズをベースにした回答が可能です。
通常の不動産物件は居住用で売買されることが大半で、その価格査定においては、近隣・類似タイプの物件がいくらで取引されているかをベースに価格を導き出す「取引事例比較法」という手法がとられています。
これに対し、賃貸中の不動産物件では、取引事例比較法に加えて、投資収益用として取得する際の期待利回りも勘案して価格査定を行う必要がでてきます。
そもそも個別性の高い不動産において、その期待利回りが何パーセントで、査定価格がいくらとなるかは、投資収益目的に特化し取引事例を積み重ねた不動産会社こそが高い精度を持ち得ることになるのです。
※エリアによっては、サービス対象外とさせていただく場合があります。あらかじめご容赦下さい。

PAGETOP