当社が提案する不動産投資

投資戦略

投資戦略
税効果を考える
不動産投資はもっとも税効果を活かしやすい投資手法であり、特に建物割合がどうなのかというのは重要な要素となっています。
建物割合が大きいと、減価償却費を多く計上できるという点と、より多額の支払金利を算入できるという点の、2つの会計上のメリットがでてくるからです。
一方、建物割合が大きいということは、立地面が弱く、賃貸収益力において劣後するケースが多くなるという側面もあります。自身の投資目的に照らし、バランスのよい投資用不動産を取得していく必要があるでしょう。
コア・サテライト型不動産投資
「コア・サテライト戦略」とは、債券などのコア資産をベースに安定的な成長を図る一方で、個別株式などのサテライト資産で高いリターンを取りに行く金融の投資戦略をいい、 ポートフォリオ全体で見たときに、リスクを抑えながらも投資効率を上げられるメリットがあります。
不動産投資においても、資産価値の高い(=ローリスク・ローリターン)タイプの収益物件をコアに据えた上で、高利回り物件(=ハイリスク・ハイリターン)をサテライト物件として取得することで、この戦略をとっていきます。
リスクの相互補完が叶い、合理的に投資の厚みを増していく、このミニ不動産ポートフォリオは資産形成において有効にはたらくでしょう。
フェーズ別不動産投資
年令ごとに、年収や家族構成が異なるため、ステージごとに求められる投資スタイルはそれぞれです。
長期の人生設計の礎を作るべき30~40代、学費負担が大きくなる一方、老後の蓄えについても考え始める40~50代、健康に対する保障が求められ、次世代への資産承継を考えなければならない50~60代といったように大別できるでしょう。
自身の家族構成や、保険内容、金融資産を考えながら、不動産投資においても各フェーズに適した物件を選ぶ必要があるでしょう。

PAGETOP