リノピカのサービス

リノピカ体験談

実際にリノピカのリノベーションを体験された方の声を伺いました。
Aさん(30代 4人家族)宅 『あなたとリノピカ』体験談
自分たちのこだわりが中古×リノピカで形になりました。

リノピカ体験談



間取り 間取り
※クリックすると拡大します。

 Q1.こちらに住む前は、どのような住居にお住まいでしたか?

マンション内の別な住戸(ほとんど同じような間取り)に賃貸で住んでいました。

  Q2.家を購入しようと思ったきっかけは何ですか?

子供が小学生に入学し、当面は違う地域への引っ越しが難しくなったので、 同じマンション内で、好みのリノベーションをした家に住みたいと思い購入しました。

  Q3.中古マンション購入に対する不安はありませんでしたか?

中古マンションを買うなら、管理が安心出来ることが重要だと思っていました。
元から賃貸で住んでいたので生活面での不安はないですし、一番の不安である 「地震」についても、東日本大震災でも世の中の中古マンションはほとんど 大丈夫だったので、購入しても安心と思いました。

  Q4.この住まいを選んだ決め手は?

マンションのチラシは過去何度か見たのですが、同じ部屋のチラシは見ませんでした。
ですので、築年数がかなり経過していても、売買が活発に行われている印象を持っていました。
また、平置き駐車場が空いているマンションというのが周辺にほとんどなく、家族の趣味 (オートキャンプ)を考えると、ほかの物件は候補になりませんでした。

  Q5.プランのコンセプト、こだわりのポイントを教えてください。

中古マンションなので、新築に比べるとずいぶん手頃な価格で購入することが出来、 その分、思い通りのリノベーションをしました。 ポイントとしては
・子供が部屋にこもらない様、リビングから見渡せる場所に子供の勉強スペースを作りました
・キッチンは向きを変えてサイズを大きくし、浄水器、食洗機等オプションも追加しました
・玄関の収納は子供の成長に合わせられるよう、天井までの大容量にしました
・廊下部分は、大人用、子供用高さの違うハンガー掛けで、脱いだ上着を散らかさないようにしました
・洗濯機置場を動かして、お風呂や脱衣所のスペースを広げました
・「引戸」をふんだんに使いました。普通はコストの面から「開き戸」が主流ですが、 開き戸はデッドスペースが多いです。引き戸にするだけで、実際には部屋を広く使えます

  Q6.リノベーションをした感想、エピソードを教えて下さい。

同じマンションの同じような間取りに住んでいましたが、思い通りのリノベーションをしたことで、 まったく別な住居に生まれ変わりました。
特にキッチンとリビングの収納力を高めたことで、 「空いている所に何とか収納する」から「取り出しやすい所に収納する」に変わったので、 生活導線さえ大きく変わった感じです。

  Q7.実際に住んでみていかがですか?

色々こだわりってリノベーションした分、とても快適です。
もっと早く買ってリノベーションすれば よかったと思います。

  Q8.引っ越してきてから、変わったことはありますか?

キッチンが広くて使いやすくなった分、妻も料理を頑張りますし、水回りが新しいので綺麗に使おうと 掃除も頑張ってます。
住まいが快適になったうえ、住宅ローン返済と共益費を足しても、これまでの 家賃の範囲内で収まるので、生活面でも助かりますね。

  Q9.今後やってみたい事はありますか?

せっかく長く住む家なので、細かい隙間収納などは、DIYで作ってみようか?と話しています。
まずはルンバ(自動掃除機)の収納スペースを作ろうと考えています。ゴミ箱の下に、ゴミ袋がしまえて ルンバが隠れてる、そんな家具はないですから。

  Q10.Aさんにとって「住まい」とはなんですか?

「家族が一緒にいる場所」ですが、いずれ子供達も巣立っていくので、一緒にいる時間は実は限られ ていると思います。
限られた時間を充実して過ごすには、その場所にはゆとりも大事だなと。

  Q11.リノベーションの満足度を教えてください。

自分達の思い通りのリノベーションをしたのでもちろん大満足しています。壁紙、床材から玄関タイル、 建具に至るまで、全部選んで住んでいい!
なんて、新築では絶対に出来ないですから。

  Q12.新築はご検討になりましたか?

検討はしましたが、色々制約も多いので、実際には住み慣れたマンション内で引っ越ししました。
新築と比べてお手頃感がある分、物件価格だけでなく、オプションや家具にも予算が回せるので、 結果的に転居後の生活を考えると、中古マンションはいいなぁと思います。

写真でみるビフォーアフター

 バスルーム・洗面

洗濯機置場を動かして、お風呂や脱衣所のスペースを広げました。

このページの先頭へ